岡谷市 20〜22年度実施計画投資的事業総額54.6億

日付:2020年02月14日 | カテゴリ:行政/計画

岡谷東部中や都市公園の長寿命化、諏訪湖SIC、湖周サイクリングロードも
 岡谷市は、2020〜22年度を計画期間とする3カ年実施計画を公表した。
 新規事業では、都市公園施設更新事業に3カ年で7298万円を用意する。長寿命化計画の策定を行い、計画的に更新を進める方針。長地35号線整備事業は3カ年で4700万円を投じ、拡幅改良や河道改修を行う。スポーツ施設整備事業は3カ年で5988万円を用意し、市民水泳プール施設の劣化調査や長寿命化に向けた設計などを行う。
 建築関係は、岡谷東部中学校管理教室棟(RC造3F、延べ約3000㎡)の長寿命化大規模改修工事は、21年度に8億2055万円を見込んだ。20年12月の開園を予定している「新西堀保育園・発達支援施設」整備事業は3億8888万円を投じる。市営住宅の大規模修繕事業は、3カ年で1億6371万円を試算し、加茂A団地などの改修、橋詰団地などの除却を実施する。
土木関連は、仮称・諏訪湖SIC(スマートインターチェンジ)整備について3カ年で1億0325万円を投じ、アプローチ道路にかかる用地買収を行う。橋梁維持補修事業は2億0250万円を用意し、第二天龍川人道橋と旧道東堀橋の設計、滝ノ沢第三橋など3橋の修繕を計画する。
 そのほか、諏訪湖周サイクリングロード整備事業は3カ年で3億4690万円、林道整備事業は観音橋の架替等に1億0481万円−などを見込んだ。
 投資的事業は、3カ年で総額54億6160万円を試算した。年度毎の内訳は、20年度21億6644万円、21年度21億4761万円、22年度11億4753万円。

新着ニュース

    新着ニュース一覧へ

    文字サイズ

    • ふつう
    • 大きく


      新規登録

    2020年2月

                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    • きのう
    • 明日
    • 前の月
    • 次の月

    このページの先頭へ

    All Rights reserved ©新建新聞社 2020 無断転載を禁止します