飯田市 シルクホテル別館を建て替え

日付:2020年01月14日 | カテゴリ:工事/民間建築


改築予定の現別館アネックス
施工は吉川建設、早ければ1月末にも解体着手
宿泊・宴会・レストラン・婚礼等を運営企画する中田製絲(株)(飯田市錦町1、中田勝己代表取締役)は、シルクホテルの別館アネックスの改築を計画。このほど施工者を吉川建設(飯田市)に決め、早ければ1月末から解体工事にとりかかる予定だ。
 計画では、1973年建築で5階建ての別館「シルクホテル アネックス」(現64室)を解体し、現地に建て替える。新棟は鉄骨造7階建てで約2000弱の規模となりそうだ。階数を増やすことで部屋数は20室程度増やすもようだが、広さは現在の1室9㎡から少し広めにし、ビジネスタイプでリーズナブルな料金設定にしたい考えだ。このほか、1階には身障者や高齢者にも対応し、一般客も泊まれるゆったりとしたスペースの「ユニバーサルルーム」を2部屋設けるとしている。また、本館のシルクホテル「メインタワー」と直結し、レストラン等も一部改修する。
 設計は新井建築工房+設計同人NEXT(飯田市)。施工者は4社ほどから見積徴集し、吉川建設に決めた。ホテルに隣接してJR飯田線があることから、JR東海と協議し、早急に解体工事にとりかかる。解体後は建築確認申請の許可が下りしだい、新館建設に着手し、2021年度のオープンを目指している。

文字サイズ

  • ふつう
  • 大きく


  新規登録

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • きのう
  • 明日
  • 前の月
  • 次の月

このページの先頭へ

All Rights reserved ©新建新聞社 2020 無断転載を禁止します