台風19号 長野市が中小企業振興融資制度の貸付利率引き下げ

日付:2019年11月12日 | カテゴリ:災害/令和元年 台風19号

災害・経営安定資金枠で事業者支援
 長野市は、台風19号災害により被害・影響を受け事業活動に著しく支障を来している中小企業者の資金繰りを支援するため、市中小企業振興資金融資制度の災害対策資金および経営安定特別資金について、11月11日以降に貸付実施したものから貸付金利の引き下げ等を実施する。
 各資金の概要は次のとおり。詳しくは長野市商工観光部商工労働課(電話026−224−8342)まで。
【災害対策資金概要】
貸付対象者=災害・異常気象等により被災した中小企業者等で罹災(りさい)証明書の交付を受けた者
貸付限度額=設備3000万円、運転3000万円
貸付金利=年0.8%(現行・年1.5%)
貸付期間=設備10年以内、運転5年以内
据置期間=1年以内
【経営安定特別資金・災害関連対策(新設)】
貸付対象者=経営の安定に支障を来している中小企業者などで、◇セーフティネット保証4号認定者◇災害に起因して売上減少している罹災(りさい)証明書の交付を受けた者ーのいずれかに該当する者
貸付限度額=運転5000万円※他の経営安定特別資金との合計額
貸付金利=年1.5%
貸付期間=7年以内、借換えに限り9年以内
据置期間=2年以内

文字サイズ

  • ふつう
  • 大きく


  新規登録

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
  • きのう
  • 明日
  • 前の月
  • 次の月

このページの先頭へ

All Rights reserved ©新建新聞社 2020 無断転載を禁止します