長野建設/丸子信州新線「大岡1工区」鋼桟道橋

日付:2019年07月10日 | カテゴリ:工事/土木

鋼840〜1250点、要実績7月下旬公告

 県長野建設事務所は、令和元年度防災・安全交付金(道路)(緊急対策事業)工事(主)丸子信州新線:長野市大岡1工区を総合評価落札方式で発注する。参加資格は鋼構造物840点以上1250点以下、要同種実績、要配置技術者、特定許可で、地域要件は設定なし。下請要件付き。早期発注に資するため入札期間は短縮する。7月9日の建設部請負人等選定委員会(部選)で決めた。7月12日開催の県総合評価技術委員会を経て7月下旬に公告し8月下旬に入札したい意向。部選物件の工事のため、税込みの予定価格は1億6000万円以上5億円未満。

 発注機関=県長野建設事務所
 工事名称=令和元年度防災・安全交付金(道路)(緊急対策事業)工事
 工事箇所=(主)丸子信州新線:長野市大岡1工区
 工事概要=道路築造工L35.2m、W5.5(9.25)m、立体ラーメン式鋼製桟道橋L35.2m、W11.90〜13.50m、上部工、鋼材重量w66t、下部工、鋼管杭φ500、N25本
 工期=工事開始日から約410日間(債務負担行為設定済み)
 入札方式=総合評価落札方式(工事成績等簡易型)
 公告予定=7月下旬
 入札予定=8月下旬
 参加資格=鋼構造物工事840点以上1250点以下、ただし県内本店は総合資格点数の上限を設けない
 同種実績=鋼橋上部工(新設または拡幅)の元請施工実績
 特定許可=特定建設業許可が必要
 地域要件=設定なし
 配置技術者=主任(監理)技術者として1級土木施工管理技士または技術士建設部門(鋼構造およびコンクリート)を配置できること
 下請け要件=鋼製橋脚工、鋼製架設工
 その他1=令和元年度当初予算に係る公共事業の早期発注に資するため入札公告期間を短縮している
 その他2=県外本店の場合の県内下請比率20%以上

このページの先頭へ

All Rights reserved ©新建新聞社 2019 無断転載を禁止します